千田博通 時々刻々ブログ

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

前月 翌月

指定月+前月分表示

2020年12月〜
2020年1月〜
2019年12月〜
2019年11月〜
2019年10月〜
2019年9月〜
2019年8月〜
2019年7月〜
2019年6月〜
2019年5月〜
2019年4月〜
2019年3月〜
2019年2月〜
2019年1月〜
2018年12月〜
2018年11月〜
2018年10月〜
2018年9月〜
2018年8月〜
2018年7月〜
2018年6月〜
2018年5月〜
2018年4月〜
2018年3月〜

  2018年6月16日分を表示しています。

仕事には 2018/06/16
 追われてしていたほうが良い。
ゆっくり余裕を持つ事も大切だが、走りながらしている方が充実感があります。
 実際は、落ち着いてした方が、良い仕事をしているのですがね。

キャラ 2018/05/16
 議員と行政当局がもめる。
これは、議員側の主張が通らない時によく起こりがちです。
時々は起きるのだが、どうするかが大切なのです。
 議員側が考えないと、例え行政側が間違えていても行政側は出来ないのです。
それは、ケンカの仕方と仲裁の仕方の修羅場をこなしているかに依ります。
 こうなると、理を解くか、はてさてするかですが、理を解いても理解されない時は悲劇です。
住民が悲劇で、議員は憤懣やるかたないとなります。
が、行政権がない議員にもなすべきすべがないのです。
 議員が間違えている時には、相談されれば立つ瀬のあるように先輩議員が収めます。
時に、ぐだを巻いて自作自演がありますが、これは大体わかります。
 また、全く人間性で悪気はないのですがキャラに依る時があるのです。
まあ、お互いrespectしていれば、起きる確率は低いです。
たまに、日本語が理解されないのか、言葉足らずもあります。
 お世話になっておりますから、宜しくお願いしますが本音でしょうか。

管理用
2ヶ月カレンダー 1.01